映画はネタバレされる前に見るべき

日記
この記事は約1分で読めます。

話題作であればあるほど、映画はネタバレされる前に見るべきだ。

そんなワケで、しっかり公開二日目で「天気の子」を見てきた。
00年代のオタクとしては見ないという選択肢はない。事実はどうであれ、あの世代のオタクにとって新海誠というクリエイターはヒーローなのだ。
子供の頃に近くのデパートでヒーローショーがあると知ったら親に頼み込んで連れて行ってもらうような、そんなヒーローなのだ。

そんな感じで「天気の子」のネタバレになるような内容は伏せ感想を書くと僕個人としては「大満足」だ。

約2時間の尺はそこまでぐだぐだともせず、疾走感があるので気持ちよく最後まで見ることができた。
結末についても「よかった」と思えるものだったし、それでいて新海誠が作った作品らしい余韻を抱えたまま劇場を後にすることができた。

日記
スポンサーリンク
kuroponをフォローする
クロポンモビ

コメント